潮江整骨院

尼崎市潮江1-15-3アミング潮江イーストA参115号

外反母趾




外反母趾とは、一言でいえば、「足の親指が外側(小指側)に曲がる」病気です。
当院ではテーピング療法をトクにおすすめしています。テーピングといっても、当院独自の巻き方をご説明いたします。
通院は2、3日程度。あとはテーピングの巻き直しを継続していただくことが「治る」の近道です。

外反母趾とは?

外反母趾とは、一言でいえば、
「足の親指が外側(小指側)に曲がる」病気です。

この親指の曲がりがひどくなると、足が痛くて歩けなくなり、足は変形して、普通の靴が履けなくなります。
その上、痛くて無理な歩き方をしていると、脚が疲れやすく、膝や股関節まで痛みます。



この親指の曲がりがひどくなると、足が痛くて歩けなくなり、足は変形して、普通の靴が履けなくなります。
その上、痛くて無理な歩き方をしていると、脚が疲れやすく、膝や股関節まで痛みます。

外反母趾の症状が軽いうちは、きつい靴を履くのをやめると、痛みはやわらぎます。
しかし、一度、外反母趾になると、ハイヒールをやめて痛みが軽くなっても、親指の曲がりは、歩くだけで自然に進行するのです。
ですから、痛みが軽くなったといって油断すると、年をとってから変形がひどくなり、痛みも再発してくることになります。

そして、外反母趾が進むと、親指以外の指も外側に曲がり、脱臼したり、槌趾(つちゆび:足の指)が、くの字に曲がって固まってしまい、伸ばすことが困難な状態になったりします。

その上、足全体が扁平足や開張足になり、足の裏や小指の方まで痛みが広がってしまいます。
最後には靴をはかなくても、痛くて歩けなくなります。
こうなってからでは手術しか手がありません。

外反母趾になりやすい人

外反母趾に対する注意が必要な人に共通するのは、「女性」、「遺伝」、「体質」、「環境」ですが、もし、「女性」で「母か祖母が外反母趾」、「関節が柔らかく、足が平らで、親指が長く」、「決められた靴で長時間立ち仕事」しているなら、外反母趾に注意が必要です。

男性・女性の比は、1対9にもなります。

ハイヒールが外反母趾の主な原因といわれていますが、生涯靴をはかない地域の人たちを調査しても、女性の外反母趾患者は男性の3倍以上に達します。

そのため、女性であるだけで外反母趾になりやすいわけです。

原因

外反母趾の原因は、「女性、素質、ハイヒール」と言われています。
この中でハイヒールや先細の靴を履くという原因だけが、外反母趾の予防ために自分で対処できる原因ということになります。

ハイヒールや先細の靴は、靴によって指が内側から外側に向かって押されるため、外反母趾を起こしやすくなります。
もちろん、一回押されて親指が外側に曲がったからといって、外反母趾になるわけではありません。
押されて親指が外側に曲がっても、親指を内側に曲げる外転筋という筋肉がありますし、関節は関節包や靱帯の伸縮力だけでも、曲げられたバネのように、元に戻ります。

しかし、靴で押される力の大きさと時間は、想像以上のものがあり、外反母趾の主な原因とされています。
靴以外の原因では扁平足も原因となることもあります。


治療法



治療方法はテーピングをする、専用サポーターや装具を使う、マッサージを行う方法など、様々です。

外反母趾になっている場合、テーピングは、有効な治療方法の一つです。

当院は足のケアに力を入れておりますので、各症状に合わせた適切な施術を実施致します。

潮江整骨院
〒661-0976 兵庫県尼崎市潮江1-15-3 アミング潮江イーストA参115
06-6439-7837